日本会議・崇教真光・衛藤晟一氏のトライアングル



全国区 自民党公認候補 衛藤晟一(えとうせいいち)氏の紹介

 出身 昭和22年10月1日生まれ 大分県出身 大分大学経済学部卒

主な政治活動(日本会議の経過)
 昭和48年 大分市議会議員:当選(25歳)
 昭和49年 救い主様を発起人代表のお一人とした「日本を守る会」が発足し
       同会の主旨に賛同した衛藤氏 入会する。
 昭和54年 大分県議会議員:当選  
 平成2年  衆議院議員:当選
 平成4〜8年 自民党 社会部会長 厚生委員会理事 運輸政務次官
 平成9年 日本を守る会─────→統合「日本会議」設立
      日本を守る国民会議─┘
 平成11年 初級真光研修会受講(大分中道場所属)
 平成12年 衆議院選挙:落選
 平成15年   〃  4期目 当選  厚生労働委員長
 平成16年 厚生労働副大臣 教育基本法促進委員会 副委員長
               拉致議連事務局長・副会長

 平成17年 郵政民営化法案反対のため副大臣罷免
       衆議院議員総選挙に無所属で出馬 落選
 平成19年2月 安倍総裁より復党を認められ、3月の党規委員会に自民党公認候補として
         全国区から立候補
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
衛藤晟一氏の支援母体である日本会議の前進(註:原文ママ)は「日本を守る会」「日本を守る国民会議」です。
この日本を守る会はかつて救い主様が発起人代表のお一人として昭和49年春発足されたものです。
日本を守る会が発足されると同時に当時26才の若さで大分市議会議員であった衛藤氏はこの会の趣旨に大いに賛同し同団体に入会されました。
以来今日まで「日本を守る会」に引き続き「日本会議」の隆盛に尽力され、同会議が提唱する理念の具現化を「政治理念」として今日までの34年間一貫して高い志をもってその政治姿勢を貫いてこられました。
安部(註:原文ママ)総理が提唱する「美しい国、日本」や、衛藤氏が提唱する「誇りある日本を築くために」のスローガンは実は日本会議そのものの提言でもあるのです。

【世界維新への高い志を堅持し】
【徳が高く私利私欲が無い】
【愛と真の候補者を是非】
【支援させて頂きましょう 】

(註:「崇教真光」施設内で配布されていた手書き文章)
(註:「救い主」=岡田光玉氏)
(註:「初級真光研修会受講」=「崇教真光」入信)



ホーム