百合小のはじまり ゆりしょうのはじまり
とじる

 このくらいの昔のことはとくに記憶(きおく)がはっきりしていないので、まちがっているところがあるかもしれません。  ごかんべんを。

 1963年(S.38)の2月に川崎市生田(かわさきしいくた;今の麻生区(あさおく)東百合丘(ひがしゆりがおか))にひっこしてきた私は、 その4月に西生田小(にしいくたしょう)に入学(にゅうがく)しました。  百合小はまだ校舎(こうしゃ)を作(つく)っているところでした。  そして、翌年(よくねん)の1964年(S.39)に百合小の校舎が使えるようになりました。  その年の10月(がつ)には、東京(とうきょう)オリンピックが開(ひら)かれています。

 2月に引っこしてきたので、私は幼稚園(ようちえん)を卒園(そつえん)していません。  幼稚園中退(ようちえんちゅうたい)です。

 おぼえているところによると、私が西生田小の2年生(ねんせい)になってしばらくしてから、百合小にうつってきたようにおもいます。  そのときの西生田小の1年生から3年生の中で、百合小の学区(がっく)の児童(じどう)が、百合小にうつることになりました。

 しらべて見ると、1964年(S.39)の4月に百合小のふるい校舎(こうしゃ)の北側(きたがわ)の一部(いちぶ)が完成(かんせい)していました。 そして、同じ年の5月12日(火)にこの校舎を使って西生田小学校の分校(ぶんこう)が開校(かいこう)しています。

 できたばかりの校舎へは、こどもたちが鼓笛隊(こてきたい)を先頭(せんとう)にして、西生田小から津久井道(つくいみち)を行進(こうしん)してやってきました。  お祝(いわ)いのパレードです。  いまではたくさんの自動車(じどうしゃ)が走(はし)っている津久井道を、行進してきたって?  信じられませんが、私の記憶(きおく)によると行進してきたのです。 わたしもクラスのみんなと津久井道をあるきました。  下のコラムをごらんください。

 次の年、1965年の4月1日(木)に、百合丘小学校が西生田小学校から独立(どくりつ)して開校(かいこう)しています。 

 私たちは、1964年(S.39)に西生田小の分校(ぶんこう)にやってきて、 1965年(S.40) の4月に1年生から3年生の3学年で、百合丘小学校がはじまったことになります。

 西生田小からすべての学年(がくねん)の百合小学区内(ゆりしょうがっくない)の児童(じどう)が移(うつ)らなかったのは、 たぶん教室(きょうしつ)が足(た)りなかったからではないでしょうか。  そして、高学年(こうがくねん)のこどもは、少し遠(とお)くても西生田小に通(かよ)い続(つづ)けるのに、低学年(ていがくねん)ほどたいへんではありませんし。

 1964年(S.39)の百合小(西生田小分校のとき)での最初(さいしょ)の運動会(うんどうかい)では、まだ校歌(こうか)はありませんでした。  そこで、かわりに運動会の歌『♪きょーぉはー たのーしいー うんどぉーかい』を歌(うた)いました。

 分校時代(ぶんこうじだい)もかぞえて、百合小がはじまってから3年めでやっと1年生から6年生までがそろうことになります。

 家(いえ)に1963年(S.38)の百合小の校庭(こうてい)の写真(しゃしん)がありました。  近くのルミエール幼稚園(ようちえん)の運動会(うんどうかい)の写真でした。  ルミエール幼稚園はこの年にできたばかり。 百合小が開校(かいこう)する前に幼稚園に校庭をかしてあげたみたいです。

 校庭は土をならしただけで、雑草(ざっそう)も生えています。 写真には見えませんが、ふりかえれば校舎を建てている真っ最中(まっさいちゅう)でしょう。

1960年頃の津久井道(つくいみち)

 1961年の航空写真を見ると、津久井道にはあまり自動車が見られません。  百合丘団地内の道路も同じです。 (写真はあまりはっきりしていませんけど)

 この時代(じだい)には自家用車(じかようしゃ)を持っている人はとても少なかったのです。  コンビニに商品(しょうひん)を届ける車もはしっていませんし、宅配便(たくはいびん)のトラックもありませんでした。

 また、同じころに百合丘団地をロケ地にして撮影(さつえい)された映画「喜劇 駅前団地」(きげき えきまえだんち) の西生田駅前のシーンを見ても、津久井道はがらがらで、たまに自動車が通るくらいの混(こ)み具合でした。
西生田駅(にしいくたえき)は今の読売ランド前駅(よみうりらんどまええき)

 こんなようすだったので、1964年に津久井道を行進(こうしん)するなんていうことができたのでしょう。  もちろん、少ないとはいえ車がとおりすぎる中、道路の端(はし)を注意しながら歩いたのだと思います。

【津久井道】[つくいみち] 百合ヶ丘駅(ゆりがおかえき)の北側(きたがわ)を、小田急線(おだきゅうせん)とならんで通(とお)っている道。  世田谷通り(せたがやどおり)や世田道(せたみち)などということもある。
正式(せいしき)には、東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線(とうきょうとどう かながわけんどうさんごうせたがやまちだせん)
ルミエール幼稚園(ようちえん)の秋(あき)の運動会(うんどうかい)の写真(しゃしん)です。  百合小開校前(かいこうまえ)のまわりの様子(ようす)も写(うつ)っています。

 1963年(S.38) の秋(あき)。 ここに写(うつ)っている校庭(こうてい)の反対側(はんたいがわ)では、  北側(きたがわ)の校舎(こうしゃ)の建設(けんせつ)が進(すす)んでいるはずです。

 今は駐車場(ちゅうしゃじょう)になってしまいましたが、校庭南(こうていみなみ)の出口(でぐち)を出たすぐ前(まえ)には外科医院(げかいいん)、 星外科(ほしげか)がありました。  その看板(かんばん)が中央奥(ちゅうおうおく)に見えています。

 左奥遠(ひだりおくとお)くの建物(たてもの)は、第一団地(だいいちだんち)の一部(いちぶ)で、 いちばん手前(てまえ)が39号棟(ごうとう)、奥(おく)に向(むか)かって 40, 41号棟です。

さつえい:1963年秋 (S.38)

こちらの写真(しゃしん)では、校庭(こうてい)の西側(にしがわ)が見えます。

 まだ、フェンスもガードレールもありません。 道(みち)のむこうがわには、まだほとんど家(いえ)が建(た)っていません。  校庭はまだでこぼこで雑草(ざっそう)が生えているのが見えます。

さつえい:1963年秋 (S.38)