Home ←Back Top Next→

<自動車>


-
Update 2015.11.04
自動車
piyo:①依頼方はこちら   ②用紙入手先はこちら   ③料金振込はこちら

車の名義と車検証


習志野:浦安市,市川市,鎌ヶ谷市,船橋市,習志野市,八千代市,白井市,印西市,印旛郡(印旛村,栄町,本埜村)
野 田:野田市,流山市,松戸市  柏 :柏市,我孫子市         ← 千葉県北西部です
新旧車検証の名義記載例 … 括弧付:Bタイプ車検証(登録識別情報制度利用)の場合は記載なし
注:所有者の記載のないBタイプ車検証で名義変更等の場合、OCR用紙に所有者コードを記入する
登録の態様旧車検証新車検証「新」の備考
所有者使用者所有者使用者
新規登録所有者
新規登録(所有権留保)(甲)所有者・使用者
割賦完済による移転(甲)使用者が新所有者(※1)
割賦完済後譲渡による移転(甲)譲受人が新所有者(※2)
売買・贈与・相続による移転通常の名義変更例(※3)
ディーラーからの所有権解除のみと異なり、※1や※2でも転入があれば封印代行の引受け可能
※1.所有権留保売買の割賦(ローン)完済による移転は、「所有権解除」(使用者への名義変更)
   販社所定の所有権解除の手続→譲渡証明、印鑑証明、委任状を受領
   クレジットの場合 → [所有権解除のご案内]を受領されたお客様へ|登録管理ネットワーク
※2.割賦(ローン)完済後譲渡について直接、新所有者に移転登録も可能(譲受人への中間省略)
   新所有者が相続人の場合は、税申告時に遺産分割協議書写し添付要(相続人への中間省略)
   ただし相続による移転ではないので相続証明書類を登録時添付不要
※3.相続後、即第三者へ譲渡する場合の移転は、相続と譲渡の連件同時(相続人からの譲受け)
   よって移転登録の申請書は相続と譲渡の2枚、手数料も2個分必要(甲→乙相続→丙譲受)
   譲渡人の印鑑証明書は遺産分割協議書添付の印鑑証明書を援用可能(丙管轄車検場に連件
※4.良くあるケース
   一時抹消後の再登録:中古新規(検査証返納証明書及び譲渡証明書+予備検査証+その他)
   ローン完済と離婚又は死別による名義変更:譲受人又は相続人への中間省略
   相続人による売渡処分:相続による移転+譲渡による移転
車検場の窓口(〇数字は習志野車検場の場合)
   ②番:登録受付、③番:車検証交付
   ⑥番:県税窓口(自動車取得税・自動車税)
   ⑦番:印紙販売(登録検査印紙・審査証紙、重量税印紙)
   ⑧番:ナンバー返納、ナンバー交付、軽二輪受付、小型二輪税申告(市税扱い)
   自動車:⑦②③⑥(⑧)、小型二輪:(⑧)②③⑧、軽二輪:⑧②⑧…(⑧):ナンバー変更
   希望番号予約者:予約センターで予約済証受領(ネット予約者は申込書で申請)

自動車の名義変更等

  1. 手続きの順序 → 車手続リンク集(自動車の手続)
    1. 自動車は、まずは「保管場所」管轄の警察署で車庫証明の申請 → 車庫証明業務
      (所有権解除その他で不要のケースは下記に記載)※保管場所=新使用者の駐車場
    2. 申請警察署の交付日に保管場所証明書と保管場所標章の受領
      保管場所証明書:1枚目(有効期間1か月)が「運輸支局提出用」
    3. 管轄変更で希望ナンバーがある場合は事前に予約して代金納付、予約済証を受領
      予約申込者と自動車の使用者は別でも予約申込可能(手数料は申込3日以内に支払)
    4. 次は「使用の本拠」管轄の運輸支局で移転登録(名義変更)又は変更登録(転入等)の申請
      車庫証明受領後登録手続前に自動車は新使用者の駐車場に移動しておく必要がある
    5. 同日又は後日に自賠責保険会社の営業店(支社)で自賠責の承継/変更
  2. 移転登録申請(住民票等は印鑑証明書でも代用可) → 法人はこちら
    1. CRシート  OCRシート等用紙一式は運輸支局構内で購入
               OCR部分はエンピツで記入 → 記入例(窓口周辺に記入例)
               希望ナンバー予約者は希望登録番号を左上部に鉛筆書き
               下欄:新旧所有者(+使用者)の住所氏名、実印を押印
                  代理人に委任の場合以外は、新使用者の認印または署名
                  旧所有者に住所変更ある場合、現住所を記入
               OCR紙や税申告書の大部分は車検証から転記で済むが下記青色
               は走行距離と車体の色は車見て、住所コードはネットで調べる
                → 自動車登録関係コード検索システム
               売買か贈与かOCR紙(下欄右)と税申告書に記入
               新車新規は取得税を窓口に伝える、中古は事前に電話で税額確認
    2. 数料納付書  移転の印紙貼付、上段記入、移転登録等にチェック
       → 手数料・税金
    3. 渡証明書   新旧所有者氏名住所を印鑑証明書どおりに記入、旧所有者の実印
               旧所有者に住所変更ある場合、譲渡人住所は現住所を記入
                → 譲渡証明書(記載例)
    4. 鑑証明書×2 新旧所有者の発行後3か月以内のもの(支配人は資格証明書等)
               未成年者は住民票他、右記参照 → 普通車添付書類
    5. 任状×2   代理人に委任の場合に必要、委任者(新旧所有者)の実印
               新所有者と使用者が異なる場合は使用者の委任状に認印
    6. 管場所証明書 車検証の使用者住所に変更がない場合は不要(所有権解除等)
               相続人と被相続人の住所が同じ場合は不要
               同居の親族間での譲渡は、車庫証明が不要の代わりに、
                 戸籍謄本や住民票など同居の親族を証明できる書類が必要
    7. ■車証     有効期間内のもの(例外:変更登録)新規登録以外の全てに必要
               Bタイプ車検証は[登録識別情報]又は[所有者コード]も必要
    8. ■自責保険証  新規登録時は提示、以外は使用者変更あれば名義承継手続が必要
    9. 民票     新所有者と使用者が異なる場合は、使用者の住民票等(写しで可)
               旧所有者に住所変更あれば、車検証住所から現住所迄の住民票等
                 が必要(所有権解除の使用者の住所変更についても同様)
    10. 約済証等   ナンバー予約の場合は予約センターで受領した「予約済証」を添付
               ※ネット予約は「希望番号申込書」に項目を入力して作成
    11. 申告書    自動車税(報告のみ)・自動車取得税(後述)
               旧所有者に住所変更ある場合でも、車検証どおりの旧住所を記入
               納税者は所有形態別(所有権留保は使用者、それ以外は所有者)
               添付書面は、相続を含めて、変更事項の原因を証する書面の写し
    12. ナンバーの変更を伴う場合(新旧で管轄が異なる場合/新ナンバーを希望する場合
               ナンバー代(中型2枚)が必要。 → ナンバープレート交付手数料
               現車持込:封印代行(甲種受託者による出張封印)や封印受領以外
               (封印請求:封印受領証を申請時提出して封印を予め受領)
               ①支局窓口に移転・変更登録申請を先に済ませ新車検証交付を受け、
               ②ついで、新車検証を提示して税金納付が終わったら
               ③旧ナンバー板前後2枚を外して返納と同時に新車検証を預けて、
               ④自動車登録番号標交付代行者から新ナンバー板(中型2枚)を購入し、
               ⑤これを自動車に取り付けてから、車台番号の確認を受け、
               ⑥リアナンバー(後ろ)の左上のボルトに封印を受け、新車検証受領
                   → ナンバープレートの取り付け方法と封印について
               (封印受領:封印・ナンバー板2枚・封緘・ネジ受領確認)
    • 下記(遺産分割、住所5年以上前、親権者同意)各々の書類は → 各種様式(左端)
    • 相続の場合は、上記旧所有者分に代えて戸籍謄本等+遺産分割協議書等(相続人印証不要)
               100万円以下の車の場合、協議書に代えて査定資料を付けて申立書可
               戸籍は本人の死亡と相続人証明分(協議:全員、以外:申請人)で良い
               新所有者の印鑑証明書は車の相続人のとなる(譲渡証明書は当然なし)
               相続後、即第三者へ譲渡する場合の移転は、相続と売買等の連件同時
               ※相続放棄の場合 → 例1 例2 類似1、永久抹消は後述(放棄不要)
    • 旧所有者の車検証記載の住所氏名が、転居・婚姻・離婚等で変わっている場合は、
               現在の住所氏名までがつながる書類が必要(住所の場合は頁末参照)
                 住民票、住民票除票、戸籍謄本、戸籍附票等
    • 所有権解除の使用者に住所変更ある場合、車検証使用者限定旧所有者委任状は使用者も同上
    • 新所有者が未成年者の場合は、親権者全員または後見人の実印ある同意書と未成年者の戸籍
               謄本(同意書は印鑑証明書付:一方の親で可)→ 未成年者の行為能力
               未成年者で印鑑証明書が発行されない年齢は印鑑証明書でなく住民票
    • 旧所有者が在外  印鑑証明書のかわりに、在外日本大使館(又は領事館)の
               サイン証明+譲渡証明(署名)+委任状(署名)の割印付き3枚
    • 利益相反取引   法人と役員間の取引(有償・無償)の場合は、承認権限機関の議事録等
      →(普)以外対象外 例:取締役会議事録・清算人会議事録など+法人の登記事項証明
    • 申請書類綴り順  移転登録=手,譲,旧(印,委),新(印,委),保,検,O(+自賠責保険証:新規)
               税申告書は別窓口、自賠責承継は損保会社で手続き
  3. 中古新規の場合 → 一覧はこちら(中古新規)
    1. ■手数料納付書(印紙:登録+予備検査証以外は検査)
    2. ■検査証返納証明書/登録識別情報等通知書、有効期限内の予備検査証等
    3. ■所有者に変更ある場合、譲渡証明書・委任状は移転登録と同じ
    4. ■所有者の印鑑証明書・実印委任状、所有権留保の使用者は認印委任状
    5. ■使用者の保管場所証明書・自賠責保険証(提示)
    6. ■使用者の住民票等(写しで可)
    7. 自動車重量税の納付
    8. ■税申告書    自動車税は登録翌月~月割り・必要に応じ自動車取得税(後述)
    9. ■ナンバー代(中型2枚)が必要(ナンバー取付:現車持込/封印代行)
  4. 変更登録の場合 → 一覧はこちら(変更登録)
    1. ■OCRシート、手数料納付書(印紙:変更)、委任状は申請者の認印、車検証、
               車庫の変更があれば保管場所証明書
               Bタイプ車検証の場合は「登録識別情報」又は「所有者コード」も必要
    2. ■原因を証する書面:使用者や住所の変更=住民票等(頁末参照)、
               氏の変更=戸籍謄抄本等、使用の本拠の位置の変更=保管場所証明書等
               会社の名称(商号)変更=登記簿謄本
               所有者に係るものは原本、使用者に係るものは写しでも可
    3. ■自動車税納税者事項の変更届出(旧納税先にも変更通知)、自賠責保険の変更届出
               自動車税申告書の添付書面は、変更事項の原因を証する書面の写し
    4. 転入の場合はナンバー代(中型2枚)が必要(ナンバー変更:現車持込/封印代行)
  5. 記載変更の場合(所有者と使用者が異なる場合の使用者記載事項1個のみの変更):手数料不要!
    1. ■申請書・添付書類は前記変更登録の場合と同じ
               使用者の氏名・名称・住所のいずれか一つだけを変更する場合の手続き
               使用者の住所と共に使用の本拠の位置も変わる場合や、
               使用者の氏名と共に住所も変更になる場合は変更登録の手続きへ!
    2. ■使用者の住所変更は使用の本拠の位置に変更が無いことを証明する書類
               個人課税証明、法人事業証明、公共料金領収書写し等
               いずれも発行後3か月以内のもの
  6. 抹消登録の場合 → 一覧はこちら(一時抹消・永久抹消)
    1. ■OCRシート、手数料納付書、印鑑証明書と実印委任状は所有者の分のみ
               永久抹消の場合は、申請書に記入する移動報告番号・解体報告記録日
               引取証明書その他で情報センター照会 → 自動車リサイクルシステム
    2. ■返却するもの  車検証と旧ナンバー板前後2枚(永久抹消は解体後)
    3. ■自動車税の停止手続き(月割還付あり)
    • 連件同時抹消   転入抹消=変更登録+一時抹消、移転抹消=移転登録+一時抹消
               車庫証明は不要、変更登録や移転登録に必要な書類は添付
               ただし「一車一連一通」の取扱は全国共通で併合可、車検切れも可
               綴り順:手手・添付書類一式・OO、税申告:先件のみ(抹消を申述)
    • 所有者の車検証記載の住所氏名に変更がある場合:
               現在の住所氏名までがつながる書類が必要(住所の場合は頁末参照)
    • 永久抹消の場合で、車検残存期間が1ヶ月以上ある場合:自動車重量税の還付申請
               重量税還付申請関係の申請書と重量税還付権限記載ある実印委任状
    • 永久抹消の場合で、所有者死亡の場合、相続人の1人から相続による移転登録をせず抹消が
               可能(申請人の相続関係と被相続人の死亡を証する戸籍謄本等を添付)
    • 滅失の場合は罹災証明書、用途廃止の場合は使用目的を記載した申立書及び写真
    • 車検証やナンバー板が盗難又は遺失等により返納できない場合:
               理由書(盗難は届出警察署名・届出日・受理番号)に
                 車検証:使用者の押印、ナンバー板:所有者・使用者の押印
    • 自賠責保険の解約届出や払い戻し
  7. 一時抹消中所有者の変更(管轄によらず最寄りの運輸支局で受付)
    1. 登録識別情報等通知書、譲渡証明書(認印)、新所有者の住民票等(写し可)、委任状
  8. その他再交付等は → 自動車登録申請添付書類
  9. 自動車にかかる税金(納税義務者:所有者、所有権留保付は使用者)
    1. 税金の納付    県自動車税事務所支所に新車検証と自動車税・取得税申告書を提出し、
               新規登録は自動車税月割額と取得税、移転登録は取得税の納付を行う
               重量税は後述、自動車税・自動車取得税は県税、軽自動車税は市税です
    2. 自動車税     区分別総排気量比例定額(報告のみ) → 自動車税(千葉県)
               新規:月割税額=年税額×登録月の翌月~3月迄の月数÷12
                → 自動車税のグリーン化(環境配慮型税制)
               移転:年度内は旧所有者、新所有者は翌年度から(4月~3月)
    3. 自動車取得税   取得時(特殊自動車、二輪車は除く) → 自動車取得税(千葉県)
               所有権留保は取得みなし、相続による取得の場合は非課税
               従って、割賦(ローン)完済による所有権解除時に取得税はかからない
               課税価格:取得価額又は通常取引価額(新車以外は未記入がよい)
                    初度登録後5年以上の車等、残価額50万以下は免税点以下
                    平成30年3月31日まで → 取得価額免税点
               新車価格=車両本体課税標準額+付加物の価額(エアコン・ラジオ等)
               中古車価格=新車価格×残価率(税額は県税事務所に照会がよい)
                   残価率=耐用年数(普6年,軽4年)毎償却率の補数,普:0.681,軽:0.562を経年数べき乗,半年は問合せ
               税率:自家用5%(低燃費車・低公害車は特例あり)、
                  営業用3%、軽自動車3%
                → 低公害車に対する特例措置(適用は取得期間制限あり)
                → 自動車取得税検索サービス v1.60(HelmJapan㈱)
    4. 自動車重量税   新規登録時(新車・中古車)や車検等の際に納税、
               初度登録3年/以降2年/貨物1年
                → 自動車重量税(車両重量・車検有効期間・用途別・エコ・車齢別)
                → エコカー減免対象車一覧,18年経過車旧税率
                → 租税特別措置法(暫定税率)平成30年3月31日まで
                → 重量税減免・軽減対象計算サービス(HelmJapan㈱)
  10. 新車新規・中古新規の引受注意点
    1. 自動車3税の前受 (月割)自動車税、自動車取得税、自動車重量税
               新規登録の所有権留保は割賦販売契約書(写)を税申告書に添付する
    2. リサイクル    リサイクル券/預託済証明印・シール → 預託済み確認
    3. 印紙代      車庫証明証紙、登録印紙、予備検査証以外は検査印紙代も
    4. ナンバー代    予約ナンバー代(+希望ナンバー予約代行料)/ナンバー代
  11. 自賠責保険の名義変更(自賠責承継手続)
    1. 新車検証の写し、変更前の自賠責保険証(原本)
    2. 保険会社に自賠責保険権利譲渡承認請求書で依頼(用紙は損保会社営業所窓口)
    3. 新名義人の認印(あれば旧名義人の認印も)が必要
  12. 自動車名義変更の料金(別に車庫証明料金は → 車庫証明料金
    料金後払振込は納品物到着後1週間以内でお願いします。(新車新規は前受け)
    料 金 表
    管轄管内/転入
    現車持込
    習志野5千円
    野 田6千円
    別途:印紙500円,変更証明書,送料他
    転入:ナンバー代実費(中2枚1480円)
    注1:希望ナンバー予約代行は1千円加算です
    注2:新車新規は1千円加算、取得税が必要
    注3:新・中新規は重量税・自動車税月割が必要
     → ナンバープレート交付手数料一覧
     ※名義変更:(取得税+)OCR、手数料、譲渡証明、印鑑証明×2、委任状×2、車庫証明、車検証
      新車新規・中古新規:重量税、自賠責、印紙代に注意(中古新規の取得税は要不要あり)

あとがき

  1. 移転登録書類の整理と比較
    移転登録申請自動車小型二輪軽自動車備考
    OCR用紙   ○    ○    ○  (普・二)と軽は用紙異なり
    手数料納付書  ○    ○    ×  二:印紙不要
    譲渡証明書   ○    ○    ×  普:実印、二:認印可
    印鑑証明書   ○    ×    ×  二・軽:双方の認印または申請依頼書
    委任状     △    △    △  軽:申請依頼書、普:実印、二・軽:認印
    保管場所証明  ○    ×    ×  軽:届出区域はあとで警察署に保管届が必要
    車検証     ○    ○    ○  (普・二)と軽は書式異なり
    自賠責保険証  ○    ○    ○  
    住民票等    △    ○    ○  普:変更証明、二・軽:使用者の住所
    税申告書    ○    ○    ○  用紙は普通車用と軽自動車用(二・軽)は別
    1. 自動車・小型二輪・軽二輪の手続添付書類、は → こちら
    2. 軽自動車の手続添付書類、は → こちら
    3. OCR用紙等・記入例・手続き・手数料・税金・ナンバー・自賠責は → こちら
  2. 住所変更時の「住所のつながりが証明できる書面」(現行分は発行後3か月以内のもの
    所有者に住所変更ある場合、車検証の住所から現在の住所までのつながりのわかる住民票等
    同一市町村内転居:住民票(なお読み得るように消除された「転居前住所」の記載あるもの)
    他市町村から転入:住民票(「転入前住所」の記載あるもの)
    住所が転々の場合:住所のつながりを住民票・住民票除票・戸籍附票・改製原戸籍附票等で

※千葉県内運輸支局等管轄区域
 野田自動車検査登録事務所
        野田市、流山市、松戸市、柏市、我孫子市
 習志野自動車検査登録事務所
        浦安市、市川市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市、八千代市、
        白井市、印西市、印旛郡(栄町)
 関東運輸局千葉運輸支局
        千葉市、四街道市、佐倉市、印旛郡(酒々井町)、八街市、成田市、富里市、
        香取市、香取郡(東庄町、神崎町、多古町)、匝瑳市、旭市、銚子市、
        東金市、山武市、大網白里市、山武郡(芝山町、横芝光町、九十九里町)
 袖ヶ浦自動車検査登録事務所
        市原市、茂原市、長生郡(白子町、長南町、長柄町、長生村、一宮町、睦沢町)、
        袖ヶ浦市、木更津市、君津市、富津市、安房郡(鋸南町)、
        いすみ市、夷隅郡(御宿町、大多喜町)、勝浦市、
        鴨川市、南房総市、館山市

CHB-pref mr36 FNB-city