Home ←Back Top Next→

<軽自動車>


-
Update 2015.11.04
軽自動車
piyo:①依頼方はこちら   ②料金振込はこちら

軽自動車の名義変更等

  1. 手続きの順序 → 車手続リンク集(軽自動車の手続)
    1. 軽自動車(検査対象軽自動車)は、まず軽自動車検査協会で自動車検査証記入の申請
      所有権解除即譲渡は販社の実印ある軽自動車所有者承諾書(所有権留保車用)を添付
       → 軽自動車検査協会所在地・管轄
    2. つぎは保管場所届出の申請 → 軽自動車の保管届
      適用地域のみ必要、保管場所標章交付申請、添付書面は車庫証明と同じ
      ただし、登録後の新車検証を提示する必要がある
  2. 検査証記入(名義変更) → 法人はこちら
    軽自動車の場合は、譲渡証明書・印鑑証明書・実印は不要
    1. ■OCRシート  マークシート等用紙一式は軽自動車検査協会等で購入
       軽自動車用   OCR部分はエンピツで記入(窓口周辺に記入例)
               下欄:新旧所有者(+使用者)の住所氏名、認印を押印
                  代理人に委任の場合以外は、新使用者の認印または署名
                  旧所有者に住所変更ある場合、現住所を記入
               OCR紙や税申告書の大部分は車検証から転記で済むが下記青色
               は走行距離と車体の色は車見て、住所コードはネットで調べる
                → 自動車登録関係コード検索システム
               売買か贈与か税申告書に記入、新車新規は取得税を窓口に伝える
    2. ■申請依頼書×2 代理人に依頼の場合に必要、新旧所有者の申請依頼書に認印
               新所有者と使用者が同一人でも使用者欄にも住所氏名記載し認印
               新所有者と使用者が異なる場合は使用者の申請依頼書に認印
               (認印持参の場合はその者の申請依頼書は不要
    3. ■車検証     有効期間内のもの(車検切れでも可能)新規検査以外全てに必要
    4. ■自賠責保険証  新規登録時は提示、以外は使用者変更あれば名義承継手続が必要
    5. ■住民票     新使用者の住民票、税申告用に写し1枚(または住所証明書2枚)
               旧所有者に住所変更あれば、車検証住所から現住所迄の住民票等
                 が必要(所有権解除の使用者の住所変更についても同様)
    6. ■予約済証等   ナンバー予約の場合は予約センターで受領した「予約済証」を添付
               ※ネット予約は「希望番号申込書」に項目を入力して作成
    7. ■税申告書    軽自動車税(区分別に定額、報告のみ)、住民票写し
               自動車取得税→普通自動車の記述を参照
               旧所有者に住所変更ある場合でも、車検証どおりの旧住所を記入
    8. 転入の場合は、旧ナンバー板前後2枚の返却、新ナンバー代(中型2枚)が必要
               転出元課税停止の転入先届出:軽自動車変更転出申告書
               (手数料600円)
  3. 中古新規の場合 → 一覧はこちら(中古新規)
    1. ■申請審査書(手数料納入補助シート)
       検査手数料:予備検査証なければ1400円、保安基準適合証あれば1100円
    2. ■申請依頼書は新所有者・使用者の認印
    3. ■検査証返納証明書、有効期限内の予備検査証等
    4. ■使用者の住民票(または住所証明書)・自賠責保険証(提示)
    5. 自動車重量税の納付 → 自動車重量税(車検有効期間・用途別・エコ・車齢別定額)
    6. ■ナンバー代(中型2枚)が必要
    7. ■税申告書    軽自動車税(報告のみ、軽自動車用申告書を使用)、住民票写し
  4. 検査証記入(住所変更等) → 一覧はこちら(検査証記入)
    1. ■OCRシート、申請依頼書は申請者の認印、車検証
    2. ■原因を証する書面:住所変更=住民票等(頁末参照)、氏の変更=戸籍謄抄本等
    3. ■軽自動車税納税者事項の変更届出、自賠責保険の変更届出
    4. 転入の場合は旧ナンバー板前後2枚の返却、新ナンバー代(中型2枚)が必要
  5. 検査証返納(一時使用中止・解体返納) → 一覧はこちら(検査証返納)
    1. ■届出書(一時使用中止)
               自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書
               使用者の押印(個人は認印、法人は代表者印)
    2. ■届出書(解体返納)
               解体届出書には、引取証明書に記載ある移動報告番号を記入
               使用者・所有者の押印(個人は認印、法人は代表者印)
    3. ■返却するもの  車検証と旧ナンバー板前後2枚(解体返納は解体後)
    4. ■軽自動車税の停止手続き
    • 解体返納の場合で、車検残存期間が1ヶ月以上ある場合:自動車重量税の還付申請
               重量税還付申請関係の申請書と重量税還付権限記載ある実印委任状
    • ナンバー板が紛失等により返納できない場合:
               車両番号未処分理由書(使用者の押印又は署名)
    • 自賠責保険の解約届出や払い戻し
  6. その他再交付等は → (軽)各種申請手続添付書類
  7. 軽自動車名義変更の料金(別に(軽)保管届料金は → 軽保管届区域料金
    料金後払振込は納品物到着後1週間以内でお願いします。
    料 金 表
    検査協会ナンバー/ご当地ナンバー
    習志野5千円習志野
    野 田6千円野田/柏
    別途:変更証明書,着払以外送料
    転入:ナンバー代実費(中2枚1480円)
    注1:希望ナンバー予約代行は1千円加算です
    注2:新車新規は1千円加算、取得税が必要、新規は重量税が必要
     → ナンバープレート交付手数料一覧
  8. (参考)
    旧軽自動車は、白ナンバーがあり、中板でなく小板のサイズのため、要注意(ネジ位置が相違)
    ナンバー代も異なり、希望ナンバー制は適用されない(昭和49年末までの製造車)
    ナンバーの表示の仕方も旧式であるが、OCR用紙の車両番号欄には新しい形式でする
    名義変更後の車庫保管届は届出区域は必要(軽自動車検査協会に申請する軽自動車は全て対象)
     → 軽自動車の規格 - 軽自動車とは - 軽自動車検査協会

あとがき

※千葉県内軽自動車検査協会
 軽自動車検査協会千葉事務所野田支所
        野田市、流山市、松戸市、柏市、我孫子市
 軽自動車検査協会千葉事務所習志野支所
        浦安市、市川市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市、八千代市、
        白井市、印西市、印旛郡(栄町)
 軽自動車検査協会千葉事務所
        千葉市、四街道市、佐倉市、印旛郡(酒々井町)、八街市、成田市、富里市、
        香取市、香取郡(東庄町、神崎町、多古町)、匝瑳市、旭市、銚子市、
        東金市、山武市、大網白里市、山武郡(芝山町、横芝光町、九十九里町)
 軽自動車検査協会千葉事務所袖ヶ浦支所
        市原市、茂原市、長生郡(白子町、長南町、長柄町、長生村、一宮町、睦沢町)、
        袖ヶ浦市、木更津市、君津市、富津市、安房郡(鋸南町)、
        いすみ市、夷隅郡(御宿町、大多喜町)、勝浦市、
        鴨川市、南房総市、館山市

CHB-pref mr36 FNB-city