小田急バス おだきゅうバス
とじる
 当時(とうじ)の川崎市生田に住む私は、低学年(ていがくねん)のころはバスで小学校(しょうがっこう)までかよっていました。

 1年生(ねんせい)のときか2年生のときまでは、百合ヶ丘駅前(えきまえ)から出発(しゅっぱつ)する小田急バスの終点(しゅうてん)は今の「百合ヶ丘三丁目」でした。  そして、終点のバス停(てい)の名前(なまえ)は「公団坂上」(こうだんさかうえ)でした。  2年生の途中(とちゅう)までは百合小はなかったので、西生田小(にしいくたしょう)にかよっていました。

 通学用(つうがくよう)のバスがあって、公団坂上から百合ヶ丘駅前をとおり、さらに先の細王舎前(さいおうしゃまえ)までいっていました。

 通学用以外では、百合ヶ丘駅前(駅の南側(みなみがわ))から出るバスは、公団坂上行きの一系統(いちけいとう)だけだったとおもいます。

 バス停の「弘法の松」(こうぼうのまつ)は、現在(げんざい)の弘法の松交差点(こうさてん)のところにあり、現在の「弘法の松」のバス停のあたりには「第二団地前」(だいにだんちまえ)というバス停がありました。  2つのバス停の間があまりにも近(ちか)いので、その後「弘法の松」1つになったのだと思います。

 終点の公団坂上(今の百合ヶ丘三丁目)では、坂(さか)を上(のぼ)ってきたバスがお客(きゃく)をおろしたあと、左側(ひだりがわ)の団地のほうに入る道に曲(ま)がります。  すると、女性の車掌(しゃしょう)がおりてきてバスのうしろに回り、笛(ふえ;よこから見ると「6」の字の形ににているホイッスル)を「ピッ、ピーッ!、ピッ、ピーッ!」と吹(ふ)きながら、 運転手(うんてんしゅ)が安全にバックできるように指示(しじ)を出します。

 こうして、バスが方向(ほうこう)を変(か)え、また百合ヶ丘駅にむかって坂をおりて行きました。  通行(つうこう)する車の数(かず)も少なかったので、カーブになっているあの場所(ばしょ)で方向転換(ほうこうてんかん)ができたのだと思います。

 私が低学年のころは、バスの車体(しゃたい)の前が犬の鼻(はな)のようにとびだしてそこにエンジンががはいっている「ボンネットバス」もはしっていました。 バス代(だい)はこども 10円、おとな 15円でした。

»  ウェブ上にある「ボンネットバス」の画像 

 バスには男性の運転手と、もうひとり女性の車掌(しゃしょう)が乗(の)っていました。  バス代は定期券(ていきけん)をつかうか、車内(しゃない)で切符(きっぷ)を買(か)います。  お金(かね)を料金箱(りょうきんばこ)に入れるのではなく、わざわざ切符を買うのです。

 車掌は切符の販売(はんばい)や、バスの中程(なかほど)にある手動(しゅどう)ドアの開け閉め(あけしめ)で、おおいそがしです。  お客に「もう少しつめてください」と言ったり、降り乗りの時の安全確認(あんぜんかくにん)も車掌のしごとです。

 バスのドアは左側まんなかの1つだけで、乗るのも降りるのもそのドアを使いました。

 その後(ご)、バスの終点は現在の団地坂上(だんちさかうえ)、西長沢(にしながさわ)、聖マリアンナ医科大学(せいマリアンナいかだいがく)と次々(つぎつぎ)にのびてゆきました。

 さきに書(か)いたように、私が西生田小に通(かよ)っていたころ(1963〜64年(S.38〜39))は、 当時(とうじ)の「公団坂上」から百合ヶ丘駅前、津久井道(つくいみち)を通(とお)って細王舎前(さいおうしゃまえ)に行く通学バスを使(つか)っていました。  そして、バスを降(お)りてから、西生田小まではさらに700メートルほど歩(ある)かないといけませんでした。 百合小ができたあと、どのくらい後になってからか覚(おぼ)えていませんが、この路線(ろせん)はなくなりました。

細王舎前 バス停:いまの高石歩道橋のすぐ近く。(高石歩道橋は 1982年(S.57) 3月に完成)

【川崎市生田】
[かわさきしいくた]
1972年(S.47)3月31日までの住所(じゅうしょ)
その後、川崎市多摩区生田となり、さらに1982年(S.57)7月1日の麻生区の発足(ほっそく=たんじょう)のときに現在(げんざい)の住居表示(じゅうきょひょうじ)川崎市麻生区東百合丘となりました。
【細王舎】[さいおうしゃ] 当時の有名(ゆうめい)な農機具(のうきぐ;農家(のうか)がつかう機械(きかい))メーカーで、 工場(こうじょう)が高石歩道橋(たかいしほどうきょう)の横(よこ)のガソリンスタンドとマンションのあるあたりにありました。 日本全国に名を知られた大きな会社でした。 現在(げんざい)でも歩道橋横に記念(きねん)の石碑(せきひ)がのこっています。

1960年代ころまでは、川崎の北部(ほくぶ)では農業(のうぎょう)が盛んで、稲(いね=おこめ)、麦(むぎ)、梨(なし)、桃(もも)、ぶどう、柿(かき) などがさかんに作られていました。

そして、田畑(たはた)や果樹園(かじゅえん)がたくさんある農業地帯(のうぎょうちたい)がだんだんと住宅地(じゅうたくち)に変(か)わりつつあるところでした。  生田にはまだ牛を飼(か)って牛乳(ぎゅうにゅう)をしぼったり、豚(ぶた)をかっている農家(のうか)もあったのです。  私も家の近くの農家(のうか)で、牛のお乳(ちち)をしぼらせてもらったことがあります。

→ 細王舎のはなし

バス停(てい)「公団坂上」(こうだんさかうえ)のようす。とおくに富士山(ふじさん)が見えます。 

 写真(しゃしん)は登校時(とうこうじ)のもので、発車待(はっしゃま)ちの百合ヶ丘駅ゆきのバスが後(うしろ)に見えます。  公団坂上が終点(しゅうてん)で、バスの右側(みぎがわ)に見える空き地(あきち)がバスの「折り返し場」(おりかえしじょう)になっていました。

 左のフェンスの中は水資源開発公団(みずしげんかいはつこうだん)の百合ヶ丘住宅(じゅうたく)で、ここに住(す)む百合小の児童(じどう)もいました。  こどもたちは意味もわからず「みずしげん」と呼んでいました。  まだ道の両側(りょうがわ)に歩道(ほどう)はできていません。

水資源開発公団:その後、2003年から独立行政法人水資源機構(みずしげんきこう)

さつえい:1966年3月(S.41)

バス停(てい)「団地坂上」(だんちさかうえ)の現在(げんざい)のようす。   バス停の周りには多くの建物(たてもの)ができていますが、天気(てんき)がよいときは遠(とお)くにちゃんと富士山(ふじさん)が見えます。 

当時のなまえ「公団坂上」(こうだんさかうえ)は、「団地坂上」に変わっています。

 奥(おく)に見えるバスの向こう側(がわ)、坂(さか)を百合ヶ丘駅のほうに少し降(お)りたところの左側に、「王禅寺見晴し公園」(おうぜんじみはらしこうえん)があります。  公園からは、町田,横浜(よこはま)方面、丹沢(たんざわ)の山々(やまやま)から、箱根、富士山(ふじさん)、南アルプスの山々(静岡県北部(しずおかけんほくぶ))まで見わたせます。

→ 王禅寺見晴し公園

さつえい:2010年11月24日(H.22)

八幡の森 海抜120m

「坂上」はこのあたりでは一番高い場所(いちばんたかいばしょ)の1つで、北側(上の写真の右側(みぎがわ))の住宅地(じゅうたくち)の中には「八幡森跡 海抜120メートル」 (はちまんのもりあと かいばつ120メートル)の看板(かんばん)がのこっています。

百合丘団地とその周りの住宅地が開発される前、1950年代までは、この場所の北側100mほどのところに標高128mの丘があったのですが、 宅地造成(たくちぞうせい)のために切りくずされてしまいました。

 なお、百合ヶ丘配水塔のある小山の上は、地図によると標高約123mです。

海抜 [かいばつ] その地域(ちいき)の平均(へいきん)した海面(かいめん)の位置(いち)からはかった地面(じめん)の高さ。

その場所(ばしょ)の高さを示すことばには、もう一つ「標高」(ひょうこう)があります。  東京湾(とうきょうわん)の平均海面(へいきんかいめん)からはかった高さのことです。
東京湾平均海面の位置は長い間には変わってゆくので、実際(じっさい)には過去(かこ)の平均海面をもとに地上に「日本水準原点」(にほんすいじゅんげんてん)を作り、 高さの基準(きじゅん)としています。
「日本水準原点」は強固(きょうこ=かたくてじょうぶ)な建造物(けんぞうぶつ=たてもの)です。

今は、海抜よりも「標高」(ひょうこう)を示すことが多いようです。  ただし、海の近くで津波(つなみ)にそなえてその場所の高さを示す表示板(ひょうじばん)には、「海抜」がよく使われています。

2種類の高さの数字は便利(べんり)のためにあまり区別せずに使われますが、正確(せいかく)にはちがいがあります。
 → 2つの違い
 → 高さの基準:日本水準原点

この日本水準原点をもとに、全国に基準点(電子基準点、水準点、三角点)(でんしきじゅんてん、すいじゅんてん、さんかくてん)が設(もう)けられ、各地の標高をミリメートル単位で測(はか)ることができます。

→ 弘法松公園に三角点があります