Top | Profile | R | Intro to R | Workshop | Statistics | TeX

 

Top > WindowsユーザーのためのR/Tinn-R > Tinn-Rの初期設定の方法

WindowsユーザーのためのR/Tinn-R

Tinn-Rの初期設定の方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tinn-Rに日本語表示させるための設定

(1)

(2)

[Option] →[Main]→[Editor] をクリックします

 上図に似た画面が表示されます。2箇所にある [Font] をクリックして順に以下 (3) の設定をします。


(3)

(4)

[フォント名] を[MS ゴシック] に変更します。
[文字セット] を[日本語] に変更します。
[フォントサイズ] を[14-18] に変更します。

[OK] をクリックします

 

 

Tinn-RとRを関連付ける方法

(1)

(2)

[Option] →[Main]→[Application] をクリックします。

[R] タブをクリックします。


(3)

(4)

[Search path]の上側に「C:\Program Files\R\R-2.15.3\bin\i386\Rgui.exe」あるいは「C:\Program Files\R\R-2.15.3\bin\x64\Rgui.exe」と表示されていることを確認します。前者が32bit版,後者が64bit版のRです。

[OK] をクリックします

 

 

Tinn-Rにショートカットキーを割り当てる方法

(1)

(2)

[R] →[Hotkeys of R] をクリックします

[Send Selection] を選択します。
[Option] 欄の[Active] にチェックを入れます。


(3)

[Key] 欄に[Alt + R] と入力します。
[Add] をクリックします。
[OK] をクリックします。

 

 

Tinn-Rの雑多な設定

(1)

(2)

[Options] →[Return focus after sending to R] をクリックしてinactiveに変更します。この操作により,Tinn-RからRにデータを転送した後, 自動的にTinn-Rに戻ることを禁止できます。

[View] → [Line numbers] をクリックしてactiveに変更します。この操作により,行番号を表示することができます。


(3)

[Option] →[Main]→[Application] をクリックします。
[R]→[Organize]をクリックして,Organize automaticallyのチェックを外します。
この操作により,R起動時に,Windowサイズが自動に決定されることを防げます。

目次: WindowsユーザーのためのR/Tinn-R

 

What's New

   
 

目次: WindowsユーザーのためのR/Tinn-R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

著者: 奥村泰之 (Curriculum Vitae)
所属: 公益財団法人 東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 心の健康プロジェクト 主席研究員
e-mail: yokumura @ blue.zero.jp
Researchmap: http://researchmap.jp/yokumura/
ResearchGate: https://www.researchgate.net/profile/Yasuyuki_Okumura/
Google Scholar: http://scholar.google.com/citations?hl=en&user=c9qyzRkAAAAJ
facebook: http://facebook.com/okumura.yasuyuki
Twitter: http://twitter.com/yachu93