Top | Profile | R | Intro to R | Workshop | Statistics | TeX

 

Top > 奥村泰之 業績一覧 > 精神疾患と身体疾患

奥村泰之 業績一覧

精神疾患と身体疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

精神疾患と精神疾患と身体疾患には強い関連があります。精神疾患中心の観点では,統合失調症患者における糖尿病の問題の研究をしています。身体疾患中心の観点では,循環器疾患及び糖尿病患者におけるうつ病の問題の研究をしています。

統合失調症患者における糖尿病の問題の研究では,オランザピンとクエチアピンの糖尿病リスクと抗精神病薬の処方パターンの研究をしています。現在認可されている7剤の非定型抗精神病薬のうち,オランザピンとクエチアピンは糖尿病のリスクが高まるとされ,その使用が禁忌となっています。しかし,この2剤が他剤に比べて糖尿病のリスクが高いかというと,そのエビデンスは必ずしも十全ではなく [査読あり学術論文 9],糖尿病と診断をされると,定型抗精神病薬が処方されるオッズが2倍になることがわかりました [査読あり学術論文 10]。

結論として,抗精神病薬の種類にかかわらず,糖尿病を併発した症例には,血糖モニタリングを定期的に行い, 効能とリスクのバランスを考慮して抗精神病薬を処方する必要があることを示しています。

循環器疾患及び糖尿病患者におけるうつ病の問題の研究では,植込み型除細動器 (ICD) 患者が有する抑うつや不安へのポピュレーション・アプローチによる心理社会的介入の効果がないことをメタ分析により実証 [査読あり学術論文 (共同研究者) 3],糖尿病患者へのうつ病対策の必要性の紹介などをしています [査読なし学術論文 2, 4]。また,医療経済学的な観点から,うつ病・不安障害等のスクリーニングの必要性を実証しています [査読あり学術論文 16]。

 

 

業績

査読あり学術論文 (筆頭研究者)

  • Okumura Y, Ito H: Out-of-pocket expenditure burdens in patients with cardiovascular conditions and psychological distress: a nationwide cross-sectional study. General Hospital Psychiatry 35(3): 233-8, 2013.
  • Okumura Y, Ito H, Kobayashi M, Mayahara K, Matsumoto Y, Hirakawa J: Prevalence of diabetes and antipsychotic prescription patterns in patients with Schizophrenia: a nationwide retrospective cohort study. Schizophrenia Research 119 (1-3): 145-152, 2010.
  • 奥村泰之, 三澤史斉, 中林哲夫, 伊藤弘人: 統合失調症患者への非定型抗精神病薬治療と糖尿病のリスク: メタ分析. 臨床精神薬理 13 (2): 317-325, 2010.

査読あり学術論文 (共同研究者)

  • Nakamura S, Kato K, Yoshida A, Fukuma N, Okumura Y, Ito H, Mizuno K: Prognostic value of depression, anxiety, and anger in hospitalized cardiovascular disease patients for predicting adverse cardiac outcomes. American Journal of Cardiology 111(10): 1432-6, 2013.
    • 詳細: 全文 (有料); IF = 3.368 (JCR2011)

査読なし学術論文 (筆頭研究者)

  • 奥村泰之, 伊藤弘人: 身体疾患に伴ううつ病. 精神保健研究 59: 41-47, 2013.
  • 奥村泰之,桑原和江,伊藤弘人: 身体疾患に伴ううつ病: NICEガイドライン. Depression Frontier 8 (1): 82-88, 2010.

査読あり学術論文 (共同研究者)

  • 池野敬, 奥村泰之, 桑原和江, 伊藤弘人: 循環器、糖尿病及びがんの専門医が有する精神疾患への認識と治療: 精神科病床を有する一般病院における全国横断調査. 精神保健研究 58: 49-56, 2012.
  • 市倉加奈子,奥村泰之 (連絡責任著者),松岡志帆,鈴木伸一,野田崇,鎌倉史郎,伊藤弘人: 植込み型除細動器 (ICD) 患者の抑うつおよび不安に対する精神科的支援の現状と展望.臨床精神医学, 38 (9): 1359-1372, 2009.

Webサイト

目次: 奥村泰之 業績一覧

研究領域

業績目録

背景

課題と反省 (妄想/妄言)

 

What's New

   
 

目次: 奥村泰之 業績一覧

研究領域

業績目録

背景

課題と反省 (妄想/妄言)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

著者: 奥村泰之 (Curriculum Vitae)
所属: 公益財団法人 東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 心の健康プロジェクト 主席研究員
e-mail: yokumura @ blue.zero.jp
Researchmap: http://researchmap.jp/yokumura/
ResearchGate: https://www.researchgate.net/profile/Yasuyuki_Okumura/
Google Scholar: http://scholar.google.com/citations?hl=en&user=c9qyzRkAAAAJ
facebook: http://facebook.com/okumura.yasuyuki
Twitter: http://twitter.com/yachu93